こんにちは、庄司です。

いつもご購読いただきありがとうございます。

今日は、新規依頼の小料理店の内装工事お話です。

この社長は、今回で5件目の出店です。

プノンペンST242の小料理店です。

さて、どんなお店作りをしていきましょうか?

 「お客様との会話を楽しむ」がコンセプト

カウンター席中心で、「お客様との会話を楽しむ」がコンセプトのお店です。

年配の日本人オーナー様で、店は自分一人で動ける調理場!

焼き鳥や煮物などを中心としたメニュー作りを考えているとのこと。

カウンター中心の小料理店をイメージしているご様子です。

デザイン打ち合わせ!

カンボジアでも日本人にデザインパースを頼むと高い!

日本以上の値段を請求されるの事が多いです。

なぜ?と思うことも多いのですが、

日系のデザイン会社が少ないので、言い値的なところがありますね!

もう一つ、高い部分では日本と同じような感覚で

日本的な材料を発注すると!

カンボジアに無いため、日本から取り寄せることになります。

結果的に日本の工事より高くなってしまうことも多々あります。

顧客の強み、特徴作り!

このお客様の強みは?

やはりお店を作る場合にお客様の強みを考えるのが

一番大切ですね!

image_1

このお客様の強みは、

・料理の腕前? 会話術? 等々考えてみましたが見つかりません!

「困ったなー」

料理が趣味と言われています。

強みといえば、毎月日本へ帰られる!

毎回、日本から食材を持ってこられる。

imag_3

カンボジアでの食材探しは、卸問屋が限られていて、

どの店も特徴が出し難いのが現状です。

野菜は安いのですが、調味料やその他がやたらと高い!

日本的な味を出すのに、原価計算が大変ですね。^^

内装工事打合せ!工事のポイント

お客様のご希望を聞きながら、予算を確認し見積を作成していきますが

今回のご予算が1.5万ドル!

内容を聞いていると、なんとかできるかな?

img_2

飲食店の場合は、予算が少ない場合でも弊社で必ずお勧めしているのが

給排水の工事です。

ここ、カンボジアでは住居を改装して、店舗にすることがほとんどですが

排水の問題がオープン後に起きることが多くあります。

下水道関係の整備が遅れていることもありますが、

排水パイプが日本に比べて細いものが多く、1年以内にやり直しをするケースが多々あります。

IMG_3288

また、次に多いのが電気関係の容量ですね。

家電製品が普及し始めたばかりなので、電気容量が小さいことが多く

店舗を始めるときに、エアコンが付けられないなど、

日本では考え難いことが良く起こります。(笑

また、お話を聞いていると、流し台の高さなど、細かい注文も頂きました。

ご年配経営者のため、前屈みになるのが辛いとのこと!

毎日のことなので、結構重要な要素ですね。

IMG_3377

 

デザイン集め!

前にも触れましたが、デザインを依頼すると高いので、

ここは、お客様のイメージを写真で頂き、図面の作成に取り掛かります。

ネットでイメージに合う店を探していただき、

そこから平面図に落とし込み、製作現場で詳細打ち合わせをしながら

今回のお店作りを進めて行くことに!

EIWO3236

大切な進捗管理!

工事を進めて行くうえで、カンボジアで気を付けなければならないのが

進行管理になりますね!

ローカルの会社に依頼をしても、返事はいつも、

「大丈夫です。」と返ってきます。

これを信じて、最初のころはひどい目に何度も遭遇!(笑

カンボジア人は、プライドが高く!

決して「出来ない」と言いません。

いつも、無理くりの様に仕上げて完了します。

IMG_3235

これはこれで、すごいと思う時もあるのですが

後日に必ずクレームになります。^^

やはり! 拝見していると

日本のお客様を納得できる内容にはなりませんが

オープン日もあるので、妥協する事が殆どですね!

長くて1年以内に、やり直しのお仕事を頂くことが

弊社も多いです。

以上のようなことを踏まえながらこれからの精進して

仕事に取り組んでいきますので宜しくお願い致します。

1日10分、あっという間にネイティブ英語!リンキング講座

Galaxy Trend FX – ギャラクシー・トレンドFX